ブログ

間接照明の力で、素直になれる夜

orengelight

orengelight

オレンジ色の優しい光が私を照らす。

照らされている間、私を素直に可愛く見せてくれる、不思議な魔法みたい。

 

 

————————————————————————–

 

「今日も、忙しかったの?」

夜寝る前、ベッドに入りながら、2人で話すのが、日課。

「まあまあ、忙しかったけど…大変だったわけじゃないし…大丈夫よ」

 

ああ…また、私はこんな強がりを言って。

素直じゃないから、歪んでる顔を見られたくなくて、背中を見せて話してしまう。

 

本当は、お昼ご飯を食べる暇もないくらい、忙しくて、大変だった。

部長には怒られて、プレゼンは反応もいまいちで…。

弱いところを見せたいのに、聞いて欲しいのに、頑張ったねってあなたに、あなただから、言って欲しいのに。

私は強がってばかりで、ちっとも素直になれない。

 

「そうなんだ。大変だね。」

 

誰にも見せられない部分ばかりが増えて、私はいつも強いところばかりが表に出てしまう。

 

「大丈夫よ。慣れてるもの。」

 

ほら…また。

 

「ねえ、こっちを向いてよ。今日は、背中しか見てない。」

 

そんなこと言われたって…そっちを向いたら…。

情けない顔してるのが、自分でもわかる。

 

「大丈夫。ぼんやりしか見えないよ。」

 

ベッドサイドには、いつも点けてる、桜の形の照明。

落ち着くオレンジ色の光の、可愛い子。

寝る前は、いつもこの子を点ける。ほっとするひと時を一緒に過ごす。

おしゃれ フロアライト 電球色

 

「お疲れさま。いつも頑張ってるって分かってるよ。ちゃんと、僕の目、見て。僕にだけは素直に話していいんだよ。」

 

…ああもう、適わないなあ。

 

「楽しいこともつらい事も、たくさん話そう。…ああ、うん。弱ってるところも、いいと思う。」

 

オレンジ色の優しい光が私を照らす。

照らされている間、私を素直に可愛く見せてくれる、不思議な魔法みたい。

 

素直じゃなくて、うまくいえなくて、憎まれ口を叩いて。いつも自己嫌悪ばかり。

そんな私だから…2人きりでいるチャンスの夜くらいは、可愛い顔を、見せたいと、思う。

 

「…本当は、大変だったの…。」

 

お願いだから、私のこと…ちょっとだけでもかわいく素直にみせて、コハル?

優しいオレンジの光の下なら、素直になれそうーーー。

 

————————————————————————–

間接照明には、精神的なリラックス効果が期待できます。

いつもより素直になりたい夜、お昼とは少し変わった表情で、彼に甘えてみるのもいいかも。

 

また、オレンジ色の光(電球色)は、お肌をきれいに見せてくれること、ご存知ですか?

 

暗めの照明だと、しみや色むらが隠せるので、すっぴんのお肌に多少自信がなくてもカバーしてもらえます。

 

 

自信を持って、近距離で彼に向かい合って、安心してお話しましょう。

また、暗めの照明は黒目を大きく見せてくれるから、いつもより少しかわいく見せられるかも。

 

コハルライトは、コンセントひとつで使えるので、ベッドサイドでもお使いいただけます。

いつもあなたと彼のそばに置いてくださいね。

 

————————————————————————–

 

和紙のシートを通るオレンジ色の光が女の人を可愛くみせる、「コハルライト」。

桜の花びらの影が浮かび上がるのが幻想的な、おしゃれな間接照明です。

女性を可愛くみせる魔法、使ってください。

 

■「コハルライト」が気になってくださった方。

→コハルライト。桜の間接照明の詳細はこちら>>>>

 

■商品のご購入も可能です。

(yahoo!ページへ)ご購入はこちら>>>

(Amazonページへ)ご購入はこちら>>>

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る